音楽は時間芸術。

ただし、それは一定のテンポを保ち、
正確に拍を刻むことばかりではないのです。

では、生き生きとしたリズムを生むためには
どんな演奏をすればいいんでしょう。


1.まずは、ベースとなる拍をしっかりと保つこと

2.弱い拍から強い拍へ向かって曲を進める

3.音が4つあれば、1.2.3.4.ではなく、
2.3.4.|1.のようにグルーヴする手もある

4.そして、多様性に満ちたアクセントが持つ、
それぞれの役割に応じた拍の強さを決めること

要は、演奏に、常に変化を求めようとすることです。

18879305_1425560544171662_3871784108195577856_n



*オマケ

数年前から、どうしてもタイトルが思い出せなかった
大好きな曲があって、(古いと思うの、中学生くらいの頃?)
もうあきらめてたんだけど、

そういや、鼻歌でメロディを歌ったら、自動判定して
何の曲だか探してくれるっていうアプリがあったこと
思い出しました。

早速インストールして歌ってみたら、

出てきたーこれだー感激!すごいー

便利な世の中に生きてて感謝