新しい曲をはじめて練習する時に、
譜面をよく見ないで、何度も大ざっぱに通して弾いたり
あやふやなままくり返して弾いてしまうと

間違ってインプットされてしまったプログラムを、
何時間もかけて上書きしなくてはいけなくなります


正確に弾くためのうまいやりかたは

最初からよく譜面を見て確認しながら
正確に演奏し、完成させていくことです。

この正確さを徹底するには、

自分のレベルに合った曲を選ぶことだけではなく、
曲を扱いやすい部分に、細かく分けて体系的に
練習していくことです。

宿題は、正確さのためにも、↑を想定して出しています。

全てが正確であるように最初から取り組めば、
本番(メロディアでのレッスン時にも)に、ほとんど
間違えずにすみます。

それは、練習時に、
間違った習慣を身につけなかったからです。

ff226c5e2c3aa4e24a5f57954e776b4660376d9e