県外の知り合いの家の隣に住んでる男性の方、
(たぶん?70代の方?)は、
リビングの真ん中に、ドーン!と
グランドピアノを置いてあるらしく、
毎日ほぼ同じ時間に、練習されているのだそうです。

素晴らしい。

ただ独学らしく、毎日毎日、
必ず同じところで間違えて
そのレパートリーは変わることなく、
半年は永遠と続くのだそうです

よく知られている、
古い洋楽のpopsがほとんどで、
それを毎日・・そして同じところで間違えるミスは
訂正されることなく、数ヶ月で終了して、
また次のレパートリーへの挑戦が始まるのだそうです。

とうとう耐えられなくなったその方から、
お願い・・教えに来て・・



想像するだけで
音に悩まされる知り合いの気持ち、
痛いほど伝わってきます。

何か月も続くので、間違えるたびに
息が止まりそうになるのだそうです。

わかるー

でもでも、ピアノが好きなんですね。この方。
素晴らしいなあ
隣人の方の気持ちも、とーってもよくわかります

私の勝手な想像だけど、
ずっとお忙しいお仕事をされてきて?

きっと堅いお仕事で?

定年になったらピアノを弾こう!と
決めてたんじゃないかと・・

でも、おいくつになっても、一度、
ちゃんと習われると、
演奏のグレードアップと共に、
様々な新しい気づきに出会えて、
その後の人生が、
ますます豊かになられるのではないかと
思います。

ピアノが好きならば余計に


ずいぶん前に、ピアノなどの音楽の先生に関わらず、
習い事の先生にお支払いするレッスン代は、
その先生の知識と経験に支払っているのだと
聞いたことがあります。

知識と経験を買うことは、
物を購入するのと違って、すぐに受け取って
自分のものにはできない無形のものですが、
あきらめず練習を積み重ねることによって、
必ず形になってゆきます。

良質の知識と経験を、
もっともっと増やしていきたいと思っています。


64202cc1-s