宿題と課題は違います。

課題克服のために、宿題を出します。

「なんのために?」
という意識があるとないとでは、
習得速度が違ってきます。

その、課題は、みんなバラバラです。

指が速く動くようになればいいな。
スラーを綺麗に弾きたい。
強弱のつけ方がうまく行かない。。

一人ひとり違います。


テキストは、だんだん進むにつれて、
上達できるように作ってくれています。
(メロディアなら、バイエルさんやハノンさんが)

課題は、カテゴリーに分けられています。

ここは、8分音符のノリをつかむところ。
ここは、付点のついた音符のリズム。
ここは、強弱のつけ方。

キリがないほどたくさんあります。

なので、課題克服のための宿題を、
きちんとこなしていかないと、

いつもオマケの丸続きになってしまうと、

前には進むかもしれないけど、
中途半端なクリアになってしまい、
いつか必ず、前に進まなくなってしまいます。

中学に入って、なんだか数学の点が悪い。

ず~っと遡ってチェックしていくと、
小学2年でやった九九を、完全に覚えていない。。
そんな話を、前に聞いたことがありますが、
それと同じです。

しっかりとした土台の上に積み重ねていきましょう。

テキストは、
課題を提案してくれたり、苦手な箇所を見つけ出したり
してくれる、ありがたい存在です。

なんのために、今、ここを弾いてるのか?
目的をはっきりさせて、意識しながら練習に励んでください。

倍のスピードで上達するようになります。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○


芍薬が終わって

FullSizeRender


今はミニ薔薇

small