さて、演奏のために
気をつけることは他にもいろいろあるけど、
まず基本の練習を習慣付けましょう


①姿勢に気をつける
②拍を感じて弾く(メトロノームを使う)

そして最後は、

③弾き初めは片手ずつ
(曲にもよりますが、
特に初心者/バイエル~ブルグミュラー頃)

です。

ほとんどのテキストは、右手がメロディ、
左手が伴奏になっています。

さらさら流れる左手の小川に、
右手のメロディの船がスイスイ進んでいくイメージで、
左手の流れを作り、音を確認してから
右手のメロディに入るとスムーズに進みます。

どんな曲かな?
早く合格したいな。

そんな気持ちはとても大事。
だからこそ、最初は片手だけにトライしましょう

その時、レッスンでやったアナリーゼを思い出してね。

構成、A-A'-B-A'   A-B-A
速度記号、表現のための発想用語、
強弱、レガート、タイ、スタッカート、・・

最初はひとつずつ確認しながら、
ゆっくり進めましょう。

特に、Bメロは1回しか出てこないので、
Bだけ取り出して何度も弾くことを忘れないでね。


よくレッスン中にお話ししていることを3つ、
ここでもお話しました。
練習のほとんどの時間は家なので、
忘れないでがんばろうね

遠回りに見えることで、実は近道ってことは
たくさんあります


AdobeStock_50406538-1024x679