短い時間で通り過ぎましたが、
20号は雨も風も強かったですね

子どもたちは無事に、お家で過ごされたことと思います。
夜もお仕事だったみなさん、ご苦労さまでした。m(__)m


四国に上陸しかかった頃、
東京の友だち二人と、妹から連絡がありました。

家にじっとしてなさいとか、
川とか見に行って行方不明とかシャレになんないから
行くなよっ、とか
停電になった時のために、今すぐおにぎり作れ、とか



指示の数々。

みんなテレビ見て、心配して連絡くれたみたいです。

ほんまに、あたしは子どもかっ
と思いながらも、何故だか
あったかあ~い気持ちに包まれた数時間でした



          


もうすぐ夏休みが終わります。

宿題とっくのとーに終わったーっ!

まだ・・残ってる・・

いっぱい。。残ってる・・


いろんな声がメロディア中を飛び交ってて、
可愛くて思わず笑っちゃいます

みんな、がんばれー




さ、2018年秋のレッスン。

ピアノは、う~んと力をつけますよ
奏でる力を、底の底からトータルで全員上げます

次のリサイタルでは、技術も表現も、
もっともっと自分らしく、自由に弾きたいように弾ける、
そんな力をつけてほしいと思います。

どんな時も、付け焼刃にならないように、
少しの時間でも

毎日、弾くこと。
毎日、弾くこと。
毎日、弾くこと。





ボーカルのみんなは、もうすぐオーディションですね。
一かい一回、真剣勝負の幕が、また開きます。

歌は自分をダイレクトに相手に伝えることができます。
だから素晴らしくて、反面、ドキドキも、ワクワクも、
悩みも喜びも、相反するものがいつも自分を取り巻き続けます。

だからこそ、そこには、歌と共に、自分自身の大きな成長があります。

みんな一生懸命練習を積んでいます。
がんばろうねっ





作詞、作曲のみんなは、新しいセオリーの本に進みます。
CGFだけだったスケールやコードが、AEDと増えて行きます。
お楽しみに~(してよ)あはは

英語と日本語の両方で覚えるこのレッスンは、発想の宝庫です。

もちろん、詞にも曲にもセオリーは存在します。
「作る前に、先にセオリーを学んではだめ!」なんていう記事を
時々目にしますが、全く曲作りをしたことのない人が読んで
信じてしまうのは危険だと思うな~

自転車も最初は練習する。
ちょっとやり方を(基本を)知ってるか知らないかで、
その後のスピードも乗りこなしも、うんと変わってくる。

[[型にはめず、型を知り、自由に新しいものを作っていく。]]

わーこう改めて書くと、なんて難しいんだ

そして、なんて、スゴイことなんだろう

あたしは、がんばりがいがある
そして私自身、こんな風に人生を生きていかれたらいいな、
なんて、思っているのです。




さあ、どのレッスンも、モチベーションを落とさないことが大事!

dakedo..

落ちるよね~誰だって、どんなに好きなことでも
休憩したくなる。
よそ見したくなる。
自信もなくす。
音楽にゴールはないから、ね。

でも、だから私がいる。

私もそう。
いつも、いつだって、がんばり続けられるわけない。

だから友達がいたり、私に勇気をくれる人がいたり、
目標になる人がいたり、励ましてくれる人がいたり、
それからメロディアのみんなとのレッスンが、
私の進む力になる。

うれしいなあ~ありがたいなあ~って祈りたくなる。


私は音楽が好きで、
音楽からもらえる恩恵の素晴らしさは、
歳を重ね、経験を重ねるごとに、予感から確信に、
確信から真実に、真実から絶対に変わってきたから。

次はどんな風に変わっていくんだろう。
それが自分への期待だったり、する。 

(おぉ、かっけー)v( ̄∇ ̄)v




2018秋。



beach



徒然なるままに・・なブログになった








このブログのHPは、ココ↓

Music Lab Melodia

URL

http://www.melodia-web.com/