チョコビスケット、2年目最後のレッスンです。

スタートは2016年の秋でした。
最初の半年は、「自由に作ってみよう!」
をテーマに、レコーディング体験なども
してもらって、オリジナルCDを作成しました。


2017年4月からスタートしたvol.2は、
様々な作詞に使える文法を中心に、
いろんなエクササイズをやりました。

作曲はセオリーの本を元に、
今、着々と進んでいっています。



パパとママが来てくれて、
とってもうれしそうだったななちゃん。⇃

E2F1B118-855C-450C-BE47-27E7C59E7619

DEB9D581-E336-4179-AF33-9767C445A43C


今日は、作詞に時間を取って、
ほぼノーヒントで出した、AメロBメロCメロの
宿題を題材に進めました。

今日、初めてそれぞれの作り方の
詳しい説明に入りました。

先月のキーワードは「共感」

今日の作詞レッスンのキーワードは
「客観的」です。
かみ砕いて説明をしました。

ちゃんとABCメロの展開になる詞が作れそうです。


作曲は、渡してあるCGFコード楽譜を
一人ずつ弾いてもらいました。
みんな弾けていました。

でも、すぐに弾けないと伴奏付けができないので、
CGF単独で、左手ベース音も入れながら、
どれもスラスラ弾けるようにしておいてください。

4月のレッスン時に、これを元にした
新しい宿題を出す予定です。


  

どんな風に進めて行こう?
どうやったらできるようになるかな?

まだボキャブラリーの少ない子どもたちに、
楽しんでもらいながら理解してもらうには、
どうしたらいいだろう?


小さい子どもたちの、本格的な作詞/作曲レッスンは、
あまり全国でも見かけません。
しかもJ-popを作るのですから、大変です

どうやったら売れるか?(共感者が多いか?)
新しいものを作っていけるか?

難しいですよね
バイエルをやって行けば、ここまで弾ける!
というようなマニュアルはどこにもありません。

だから私、責任重大です
そして、だからこそ楽しくて楽しみで
やりがいがあります


面白く、楽しく、そしてガチで
真剣に悩んで取り組めば、
閃き脳が開発されます。

面白いことないかな?
なんかこれ、こんな風にしたら
面白いのに。。楽しいのに。。
これ何?どうして?

そんな好奇心をいつも心の中に
持っていてほしいと願っています。


手さぐりでスタートしたチョコビでしたが、
お母さん方のご協力を得て、いよいよ3年目に突入です。

ゆうくん、そうちゃん、うみちゃん、ななちゃんの4人は、
とても仲が良くて、会うのを楽しみにしているみたいです


vol.2お疲れさまでした。
ありがとうございました。
m(__)m

vol.3もがんばります

お楽しみに~