ソルフェージュ上修了者
れいくんおめでとう

お姉ちゃんに続いたねっ

下巻もがんばろうねっ


0728E5F9-9622-484E-9E09-1CC6D9376FF0




さて、ソルフェージュをやっているみんなへ


下巻になると、とたんに難しくなります。
2つの和音から、3つの和音を聴きとるところまで
出てきます。

このテキストは、
とにかく進むことが目的ではなく、
そこで出会う課題をひとつずつ
克服していくことが目的です。

人によって苦手分野は少しずつ違います。

ソルフェージュに取り組んでいる全員、
自分の苦手とする所を克服していきます。

初見
聴音(視唱と書き取り)
リズムが主です。



おうちでできるソルフェージュは、

まず、よくピアノの練習をしてください。

譜面を見て練習しているうちに
譜面の音と弾いて出る音がリンクして
音感が育っていきます。


歌いましょう。
簡単な歌、綺麗な歌、音階、など、
家族みんなでいっしょに歌いましょう。

お家の中で上手く歌える人がいたら、
(おじいちゃんやおばあちゃんでも)
森のくまさんとかで、先のパートを歌ってもらって
後からついていきます。

「ある日~ある日~森の中~森の中~」
こんな風に。

ひげじいさんも、ドレミでトントンが上がっていくので
使えると思います。
カエルの歌も音階出てくるのでいいですね。

もし他にいいアイデアあったら教えてください。
ここで紹介したいと思います。


そしてクラシックを中心にたくさん音楽を聴きましょう。


お父さんやお母さん、兄弟と
音当てゲームをやりましょう。

どちらかが音を弾いて、もう一人が当てます。
もちろんご両親も出題する側される側になります。

楽しく楽しく笑いながら、決して間違えても
マジに叱ったりしてはダメですよ。
音に自信のない子になるので

でもガチで戦います

ハズれたら「はずれ~~ざんね~~ん
ってめちゃ明るく言います。
ゲームですから。
そして正しい音をいっしょに歌います。

ただし最後はぜったい当たる音(ドやミ、ソ)にして、
当たって終わりにします。
レ、ファ、ラあたりは聴き取り難く感じる音です。

最後良ければ全て良し!

飽きたらやめます。


気合いを入れない簡単なことでも、
音感を育てることはできます。

やってみてください。