~になったら、どうしよう?
って時、あるでしょ?

まあ、そん時になったら考えればいい、
ってこともあるけど、

そん時じゃ遅いと思えるようなこともあります。


でも、なかなか消え去らない
漠然とした不安、心配・・

人が先の心配をしたり不安に思ったりするのは、
自己防衛本能が備わっているからだと
聞いたことがあります。

先に不安に思うことで、実際に現実になったとき、
ショックをやわらげようとする、
自分を本能的に守ろうとする
人が生まれつき持っているものなんだそうです。



例えば人前でピアノを弾かなくては
いけなくなった時、
もし間違えたらどうしよう、
覚えてたのに飛んでしまったら
どうしよう・・?

そんな時は、思い出せるところから弾きます。
弾き直せるところから弾きます。


例えば、人前で歌ってて、
歌詞を忘れちゃったらどうしよう・・?

そんな時は、作詞します

思い出せる一番の歌詞を、もう一度歌います。

それでもダメなら、Lalala~で歌います。
そしてキリのいいところから戻ります。

そしてあとは笑顔エガオ


飛びましたが・・なにか?
です
だって済んだことはしゃーないやん。



こんな風に、解決策を用意しておけば、
得体のしれない漠然とした不安が軽減されます。


仕事でミスったら・・?
試験でミスったら・・?
もし告ってフラれたら・・?

そん時はこうしよう



精いっぱいの努力はしなくてはいけません。

ただ、もしもミスをした時の
解決策を考えておくことは、
一見後ろ向きに思えるけど、

いたずらに不安に時間を費やす方が、
よっぽど良くないと思うのです。
そんな時間あったら、練習するなり勉強するなり、
もしくは思いっきり遊びに行った方がいい。


挑戦をやめるより、あちゃー(ノ∀`)
ってなっても、やりたいことや、やるべきことは
やった方がいい、私はそう思っています。

だんだん解決策がいらなくなるし、
解決策の中身も違ってきます。
とたんのアドリブも効くようになってきます。

それが経験を重ねることだと思うのです


起こってもいない先のことを心配するのは
心配性
秋に冬支度をするのは、やるべき準備です。
心配性とは言いません

しっかり準備をして、いろんなことに楽しんで
挑戦しましょう


2014431i