今回のチョコビスケットの作詞は、
作って来たテーマでストーリーを作る。

前回の宿題、「テーマの見つけ方」から
いよいよ作詞そのものが宿題になっていきます。


テーマになりそうなものを、いろんなジャンルで
たくさん書いてきてくれました。

その中から複数選んだものを
くっつけたり言い回しを変えたりして
Storyにしていきます。


今日は、ふたつの幸せを発見しました。
ひとつは、世界平和という大きな幸せ。

もうひとつは、ふだんのささやかな家庭の幸せ。

どちらも叶ってほしい、幸せの王道です。



amejapdif5



少し長くなるかもしれませんが、
「気づく」ことへのプロセスを記録しておきます。


まず、ゆうくんがテーマに選んだのが
「スターウォーズ」と「アメリカ」

友だちとスターウォーズをアメリカに見に行きたい。

なんで?日本でも見られるじゃん。

英語で見たい。

でもそれだけじゃ歌詞にならないねぇ~

じゃあ、アメリカの偉い人に会いに行く。

アメリカの偉い人って誰?トランプ大統領?

う~んと、国防長官。

国防長官に会って、どうするの?

世界が平和になるように頼みに行く。

そう..平和ってなに?

戦争がないこと。楽しいこと。

楽しかったら平和なの?
 毎日遊べたら平和なの?

ちがう。ふだん通りの生活してること。

そうだね、ふだんって素晴らしいことだよ。
 ふだんてどんなこと?

学校行ったり友だちと遊んだり・・

そうだね、いいところに気づいたね。
 ふだんて、当たり前のことだね、
 特別なことじゃない、っても言い換えられるね、

空から爆弾が降ってこない、おいしいご飯が食べられる、
何でもないことが
実はいちばん幸せなんだね。


  

ゆうくんのテーマは、
友だちとアメリカに映画を見に行く・・が、
いつの間にか壮大な世界平和になっていました。

でも、平和って、ただただ「ふだん通りなんだ」
って気づいてくれたのが、とてもうれしかったです。

当たり前が、いちばん幸せなのかな?
に気づいてくれたと思います。


「長いオリンピック」という言葉も書いてあったので、
オリンピックは平和の象徴。
長くオリンピックが続いてたら、世界は平和かもね、
なんて話も出ました。

オリンピックのニュースばかりで、つまらない、
という意味だったのかもしれませんが、
視点を変えると、「平和」を願う歌詞にも使えそうです。

出来上がるのを楽しみにしています。



free-illustration-valentine-heart-bird



もうひとり、うみちゃんは、

あったかいひざ掛け
おばあちゃんにもらってうれしかったぬり絵
玄関の散らかった靴
おみくじで出た大吉
自販でジュースがもう一本当たったこと
・・などなど、

神さまというキーワードもあったので、
目に見えないものをテーマにできそうです。


「ラッキーの連続」と、
「ささやかな日常の幸せ」をイメージできるテーマを
いくつも見つけて来てくれていました。

たくさん作れそうです。

特に私は、散らかった玄関の靴、に
お父さんがいてお母さんがいて、
子どもたちがいて・・
そんな賑やかさと、家庭のぬくもりを感じました。

そこからイメージを拡げ、
言葉を考え、練り、作っていきます。


こうして二人は一見、全然別のテーマのように見えますが、
どちらも
「特別なことじゃない、誰もが憧れる幸せ」
という共通したテーマを選んだことで、

今日の大切な勉強のひとつ。

できるだけたくさんの人に共感してもらうこと

のテーマが、自然とできたのでした。


だって、世界中の誰もが願うことなんだから、
世界中の人たちに共感してもらえる歌詞が作れます

ねっ



ネタ帳にたくさん書いておこう

さあ、こうして作れそう
っていう展開になったのは、
ネタ帳にいろいろ書いてあったから。

でも、すぐ足りなくなります。

ちっちゃな気づき、単語、誰かの面白い言葉、
自分で作っちゃった言葉、本の中のワンフレーズ、

なんでもいいのです。

ふだんから、どんどん書いておきましょう