2017年度チョコクラスも
11月を迎えてもう8回目。

今日で作詞は基本テクニックの学習が
一区切りつきました。


今日は問いかけ/呼びかけ、命令形

なぜ~だろう?
いつから~?

さあ~しよう。
ねえ~だよね。

駆け抜けろ!
解き放て!
応答せよ!


今日もたくさんやりました。

大切なのはリズム
歌詞にはリズムが必要です。
だらだら長い文は合わないので
注意や工夫が必要です。


でもまだまだ学習は、ほんの一部。

そしてもう一度今年の分を整理して、
復習しておかないと身につきません。

がんばろうみんなねっ


DSCN3648 (2)


DSCN3652 (2)



セオリーは、プライマリーコースを終わらせようと
がんばりました

ミドルC、2つの8分音符のリズム、♯♭のつけ方、
スタッカート、わあたくさんやりました。

ピアノで確認もしながら、みんな集中して
よくがんばりましたOKっ



伝えたいことを理解してくれること、
それを使ってこちらの意図していることが
できるようになること、

こんな瞬間に立ち会えることが、
先生として一番の喜びです


よっしゃーっ!やったーっ!って思う



それにしてもチョコクラスは、
見学してくださってるお母さん方と一緒に、
子どもたちの無邪気な言葉や
少々ふざけた反応に、
笑ってばかりいます

70分はあっという間に過ぎていきます。



さあ、まだまだ富士山の一合目までも
登れてないかな?
それほど奥深く、楽しみなレッスンです

セオリーも必要だし、
楽器が弾けることも
パソコンの技術も必要です。

そしてまた反面、
型にはまったセオリー通りの曲では
面白いものは生まれてきません。

物の見方、感じ方、心のベクトルを
柔らかで明るく、優しい方向に向けていくこと、

そんな思いやりに満ちた視線も、
良い言葉を生みます。


ひとつの方向からだけ
物事を見るのではなく、

いろんな方向から考え、見ることのできる、
そんな子どもたちに育ってほしいと
いつも願っています。


20170319_yohiro_appmag_01_300x