さて、目標を達成すること、

させること⇒そのお手伝い、

=結果を出すこと。


これはどんな仕事にも
共通したお約束事です。


同じレッスンパターンが
80%の人たちに通じても、
残りの2割に効果がなければ、

先生として、様々な方法を調べ、
考え、双方向から検討し、
トライしていく必要があると思っています。

これは学校や大手の塾、グループレッスン
などでは難しいかもしれませんが、

メロディアのように個人で、マンツーマンの
音楽教室では、ひとり一人を
じっくり見てあげることができます。



さて、
4つの「優先的潜在感覚」別
対応法をご紹介していきます。


潜在意識+記憶のコツ

何度もくり返す

暗譜力他、アップ


●ビジュアル感覚派
●オーディトリー感覚派
●リングイスティック感覚派
●キネステティック感覚派


では、ひとつずつ、
簡単にご紹介していきます。




FP 勉強2