さあ!三人目のオリジナル作品の
ご紹介です。
you tubeへの許可もいただいているので、
音源もご紹介します。

ともなちゃんです。

泣ける歌を作ってくれました。



虹色のリレー

  

がんばったね はやかったね みんなぬいたね

うれしかった うれしかった うれしかったよ

 

パパとママにしかられる

弟にとられたお菓子

くやしかったこと いっぱいあるけど

 

夢がふくらむ

なりたいものに きっとなれる

よろこんでくれる人が 私にはいるから


DSCN1894 (2)

どんな歌詞にしようか・・
ちょうど運動会の時期だったので、
この歌が生まれました。


誰だって苦手なことも
得意なこともある。

うれしいことも悲しいことも
くやしかったこともある。

でも、運動会でいちばんになったとき、
大好きなお父さんやお母さんが
いっぱいほめてくれた。

うれしかった、うれしかった。

あたし、がんばったら
なりたいものになれるかもしれない。



そんな心の流れを、
聴いている人に自然に感じさせて
くれる、力強くて子どもらしい歌です。

がんばったね、速かったね、・・は
人からかけられた言葉ですが、

両親からほめられた、という
ダイレクトな表現がないことが
よけいにうれしさをリアルに想像させます。


メロディも、曲の雰囲気に合う
自然なつながりになっています。

大きいクラスの子は、
Aメロ➡Bメロ➡サビを作りました。

アレンジは未来への夢を想像させる音、
をコンセプトにしました。

ハ長調で作りましたが、
ハスキーな声のともなちゃんなので、
歌うときは少しキイを下げました。

では聴いてください






メロディアで、この歌を聴いてくださった
ともちゃんのママが、ともちゃんが
がんばってくれてると思うとうれしい..

って少しほろっとされました。

ママかわいい

その気持ち、わかりすぎるほどわかります。

だって私も泣きそうになったので、
恥ずかしくて大爆笑でごまかしたんだもん