彼女の話し声を聞いたことがなかったので、
親しい人(場面によって)とは話す、
ということがイメージできなかった私。

ずっと声を聞かないままだったので、
信じられなかった、と言った方が
近いかもしれません。


「信じて待つ」
「一度蒔いた種を何度も掘り返さない」

と先日ここに書いたばかりですが、
働きかけることをしないで信じて待っても、
芽は出ません。

この子は、まだ、メロディアでは
種すらも植えていない状態なんだと
思いました。
なのに、種を蒔いたとばかり思い込んで
芽が出るのを待っていたのです。

それは無理というものです


私らしくない
ずっと何もしないで
そのうち変わってくれるのを待つなんて

そのうち慣れて、奇跡でも起きて、
話してくれるの待つなんて

待ってて起きない奇跡なら、
自分で起こるようにがんばってみよう!
もしだめだったら、そんとき考えよう!

待ちの姿勢が大切なときもある。
実際に、辛抱強く同じことを
アプローチを変えて
働きかけて行ってる子もいる。

でもこの子はちがう。
最初の自分の直感を信じよう!
自閉や知的遅れより、
とても要領が悪くて遅れていると感じた
自分を信じよう!と思いました。

それに攻めの姿勢で行かないと
この子の毎日も、私の毎日も、
日々の時間の流れは
誰にとっても大切です。

学ぶ機会は
早く訪れるほどいいに決まってます。




そして・・
出会ってひと月と少したったある日・・

私はお母さんにお尋ねしました。

もし、今が数十年前で、
発達障害という考え方も診断も
確立されていない時代に生きてたら、
どうされましたか?

お母さんは
「お医者さんは叱らないでほしい、と
言うのですが、私はそう思えなくて、
ときどき叱ってしまいます。」

とお答えになりました。


そのお返事を聞いたとき、
きっとメロディアのレッスンプランを
ご理解してサポートしていただけると
思いました。


今日はこの子に初めて、
真剣に話してみようと思いました。



6691488


4へつづく・・







Melodia URL
http://www.melodia-web.com/


徳島県徳島市
Music Lab Melodia
ミュージックラボ メロディア
川原 潤子