ビスケットクラス、
1回目が終了しました

できません
わかりませんは、
誰も言わずに取り組めました

えらいなー

驚くほど集中して取り組みました。

感心しました。
みんながんばったね

DSCN0461

本来なら、
長い時間をかけてコツコツやることを、
今回は6回という限られた時間の中で

やればできる!の自信をつける、
言葉と想像力を引き出す、
音作りに結びつける、
完成させる喜びの体験、

というのが私の目標です。

「きっかけ」作りの一歩ですが、
このきっかけがずっと遠い先にも
続いてくれていたらいいな、と
心から思います。


それにしても、
1回目は自分の力量を
とても問われてる気がしました。

マンツーマンのレッスンなら、
10分15分かけてもいいような説明も、
数人を対象に3分くらいでわかってもらい、
作業に取りかかり、
この日の課題を終えなくてはいけません。

言葉の選び方がポイントなのだと実感しました。

では、どんなことやったのか
ぜんぶ公開~


曲作りの手順は、
こうでなくちゃだめ!っていうのはありません。

作詞が先、作曲が先、同時、伴奏が先、
なんでもいいのです。
結果的に良いものができればいいのです。

今回は、小さい子も大きい子のクラスも、
作詞から取り組むことにしました。

言葉をたくさん生み出し、言葉にリズムを付け、
それをあとからメロディにのせるやり方を取ります。

最初から「ほれ、歌ってごらん。
ドの次は?ミ?」とかやっちゃったら、
ぜったいすぐにみんな
ドロップアウトしちゃうよね

今回はサエキケンゾウさんの著書を
参考にさせていただきました。<(_ _)>


まず小さい子達は
「連想ゲーム」に挑戦しました。

DSCN0400

鏡を連想で変化させます。
できる限りぶっ飛んだものがほしいところですが
全く理由付けのないものもだめです。

この作業を子どもたちはとても喜びました。

「もっとやりたあ~い!」
ってゆってくれたけど、もう一枚を宿題にしました。

DSCN0436

鏡が最後は新幹線になりました。
風になった子、ウインナーになった子もいました。

「あれ?不思議だね?最初は鏡だったのに
最後は風になったよ、」
っていうと、
本当に子どもたちは
「わ~なんでなん?」ってゆって
面白がってくれました。

ここまではウォーミングアップ!
ここからが急に難しくなりました。


起承転結をお勉強しました。
必ずしも全ての歌詞が起承転結に
なっているわけではありませんが、
こういうストーリー展開は
歌詞には基本、絶対必要です。

また、理解しやすい、という
理由もあります。

学校の勉強でも役立つように、
まず「やぎさんゆうびん」からスタートです。

DSCN0407

誰でも知ってる短い歌も、
実はこんな風にAメロ、Bメロ、サビになってます。

これを最初に歌って、歌詞の意味を説明しました。

「どうして読まないで食べたの?」

「ごはんだとおもったの。」

「やぎさんなに食べるの?」

「草食べるの。」

「そうだね、草が紙になるからやぎさん
紙大好きなんだね。」

「今、お手紙どこにある?」

「おなかのな~か~」

「だね、お手紙読めたかな?」

「読めてない~」

この歌はエンドレスです
楽しい歌です。


「起承転結」の言葉を覚え、
お話が進むとこ、場面が変わるとこ、
最後、の説明もして、
さっそく子どもたちに取り組んでもらいました。

ただ、ここはふだんからのつき合いが
ものを言いました。

「何について書こう?」
これがいちばん難しい。
でもここで考えてると作業に移れないので、
みんなが好きそうなものを私から提案しました。

「わかったあ~
って言いながら取りかかります。
私語なし。ホントにかしこい。

問われていることを的確に把握し、
瞬時に対応できる利発さも育てたい。

DSCN0434

「転」をどういうふうに書くのか?が
いちばん難しいところです。
ときどきアドバイスもしながら、

DSCN0454

全員、完成しました。(^-^)やったね、えらいね。

これからやる作詞でいちばん大切なこと、
自分はわかってますから!はだめだということ。

曲は人に聴いてもらうもの。

共感してもらえるものを書く!
がテーマです。
わかりにくい言葉は直しました。


席はくじびきで決めました。
席の前に貼ってあるシールを
スケジュールノート兼宿題ノートに貼ります。

DSCN0430

とにかくとにかく集中した50分でした。
あっという間に終わりました。

あと5回。
次はもっと難しくなるのだ

1回目にやったことを再確認しながら
次の言葉を生み出すトレーニングをします。
できるかなー?
できる!メロディアの子はできる!


メロディアの子どもたちは、
正しいことをきちんと学んだ上で、
自由な発想で面白いものを生み出せる子に
なってほしいし、その素質を充分感じました。

とっても楽しかったです。
そして次も楽しみです。

次は10月10日です。
がんばります。

みんな、お疲れさま。
お母さんみなさん、ありがとうございました<(_ _)>

DSCN0462

私の夢

10年後に同じ場所で、
このショットで同じ写真

撮りたいなあ~