人生経験から得られることは
たくさんあります。

辛い体験も、
人はその学習能力で教訓を得て
自分なりに消化し、
次に活かし、
新たな糧にしようと試みます。

「これがあったから、今、
こんなにも充実した自分がいる。」

「気づけたことがいっぱいあって
よかった。
しんどかったけど、
自分には必要なことだった。」

「よーし!
またがんばるぞ!」


そうやって人は
大人になってく・・

あ、なんかの歌みたい(笑


乗り越えたとき、思いは様々に、
人間ってこれでよかったと
自分が納得できるような生き方と思考を
選択します。


でも

なにかしんどいことが起こったとき、
起こったその時点で
乗り越える前に、

「あ~これで成長するんだ」
って思ってしまうと、

これで成長する!は、
これがないと成長できない!

に置き換えられて、
何度でもしんどいことが
連続して起き続けることになります。

自分の夢が叶う方向に
行けなくなります。

人間の意識の底っておもしろいと思う。

人は誰でも心の奥深くで
成長したいと願っているので、

何回も何回も、もしかしたらずぅ~っと、
自分の願わない経験が
降ってくるのです。


これでよかった、
これが自分を成長させる、
は、乗り越えた時に思うこと。

最初は
「NO!」「ありえない!」

しんどいことも
悲しいことも
思いがけない苦しみにも

その原因が何であれ、

最初は断固

NO!

をまず、自分に言うべきです。

あまり早くから
わかった人
悟った人になるなんて楽しくない。

お年寄りになっても、
どうせ一生わからないことだらけの
毎日なんだから、
学び続けなくちゃいけないんだから

もっともっとおじさんやおばさんになるまで、
若いときはトガってていいと思うけど
ちがうのかな?

まる~い子じゃなくても
いいと思うけど
だめなのかな?

いろんなことに腹が立って
憤って
疑問に思って、
世の中変えたく思って
逆らいたくて、

それをパワーに生きてく時期が
あってもいいと思うんだよね、

まず自分のために、自分の幸せのために、
生きる道を選択することが先だと思う。

それは決してわがままでも自分勝手でも
なんでもなくて、それが最終、
自分を愛し応援してくれる人へ、
愛や喜びを届けることになる。

幸せを共有できることになる。

我慢と犠牲はちがう。

どんな自分でも、
神さまは私たちを愛して愛して
くれてるんだから、
不幸になることなんて望んでないんだから、

み~んな
思いっきり幸せになっていい

iStock_000006084289Small