夏休みは自由研究やドリルや
たくさん宿題があります。

でも私が子どもの頃よりは
少ない気がします。

東京の公立の小学校は
徳島に比べて量が少ないです。
ふだんも、宿題はほとんど出ません。
日記くらい。

勉強ばかりしてると賢くなれません。

けど、遊んでばかりも賢くなれません

おーもいっきり遊んで、
おーもいっきり勉強して練習して、
限られた時間を有効に集中して
使ってください。


さて、音楽ワークの進め方です。

ただただ書き込んでいくよりも、
空いている方の手でエア鍵盤を
机の上で弾いてください。

DSCN0119

こうすることで、音の高さや鍵盤の位置が
しっかり頭に入ります。
とても効率が良いです。

書いてナンボ、ではなく、
弾けてナンボなので、エア鍵盤はおススメです。

さらに、声を出しながら(歌いながら)
ミードーソー♪ってやると、もっといい。

完璧です。

一枚のドリルが、3枚分の効果を発揮します。


1、最初にやる量を決める

2、できれば時間を計る(設定する)

3、消しゴムを使わない

4、エア鍵盤を弾きながらやる

5、音の名前を歌いながらやる

両手、口、耳、目、五感をフルに使ってやります。


時短で効果を上げる!

どうせやるのなら成果を上げましょう!

DSCN0117

モデルは6年生のななちゃんでした