ピアノ上達のコツ1、とか書いちゃったので
2、もいきます。

あくまでも同じ時間内で、
効率よく早く弾けるようになる
練習の仕方や
ピアノに向かう姿勢のお話です。

全くピアノを弾かない日が続くとか、
(旅行や病気以外で)
5分くらいしかやらないのは論外です

レッスンの中でも
何度もお話していることばかり

実行しましょう


1、は、なぜできないか?
どうやったらできるようになるのか?
先生は何てお話してたのか?

よく考えましょう、思い出しましょう、
っていうお話でした。

これって、ピアノ以外でもそうです。
自分のできること、できないことを
分析する力を身につけます。

かしこくなること請け合いです


さて、あたりまえの今日は2こめ。

ゆっくり、最初はゆっくり弾きましょう!

ゆっくりぃいぃいいぃぃ~~~っ!!!


なんとなくの雰囲気で、
聞いて知ってる曲だからと、
ノリでミスが多いのに
なんちゃって!で弾いていても
上手くはなりません。

ゆっくりゆっくり・・

私も、子どもたちには、
最初お手本を弾くときは
1回目は楽譜の指示通り弾きますが、
2回目はゆっくり弾きます。

アレグレットならモデラートで。

こうしないと、子どもたちは
聞いたままをそのまま再現しようとするので、
ものすごい演奏が展開されます。あはは(´▽`) '`

ゆっくり、しっかり、間違えないようになるまで
譜読みして、それからだんだん早く弾きます。

29054567

がんばれ

おれ!!