効率の良い練習方法ってないかな?
って考えちゃいますよね?

最近の子どもは忙しい
でもピアノは続けたい、
弾けるようになりたい、

最小の努力で最大の効果
あげられないかな?
↑これだいじです。
ムダがないということです。

ということはつまり、
早く教則本が前へ進むということです。


ピアノも最初は考えて弾きます。

DSCN0058

どうしてじゅんこせんせい、
ここ〇くれないんだろ?って考える。

それから、あんなことゆってたなー
こんなことゆってたなー
おもいだす。
ノート見てみる。
楽譜の書き込みもチェックする。

何より真剣にレッスンを受ける。

どうしたらできるようになるか、
ちゃんと考える。
真剣に悩む(-.-;)←これ大事。

そして試す。
DSCN0059

たとえば、
オクターブが届かない。
だって、まだ指が短いし手も小さい。
だから仕方ない。

先生は、放物線を描くように、丸くつなげようとする
気持ちで弾けばいい、ってゆってたな、、

やってみる。
こんな感じかな?

でも、無理やり届かせようと失敗するより
感じよく弾けてるかも?

あ、じゅんこせんせい、書いてる。

DSCN0060

先生にやり方を教わります。

そして小学校に入ったら、入る前でも、
教わったことを自分で考えてみるのです。
「考えてごらん」
ひと言、ゆってあげてください。

どうやったらできる?

真剣に悩み、真剣に考える。

悩むこと考えること、みんなやってる。

でもいちばん大切なのは、
どれほど真剣か、ってことだと思う。

まあ、いいや、だと、ずっとまあいいや、
めんどくさい、の一生になる。

まずは、どうすればできるようになるか?
頭で考えることです。
ひたすら回数を重ねることは、
まあまあスラスラ弾けるようになってから
取り組みます。