よくあるHOW TO本のような見出し



でもね、あ~そうだそうだ、
そうだった、って思えることがあったのです


ともなちゃんのレッスンに、
体験レッスン以来久しぶりに
お父さんが来てくださいました。

なのになのに、
ともなちゃんいつもの元気と賑やかなおしゃべりが
・・・ない。ない消え失せてる(笑)

お父さんが一緒だから、緊張してるのかと思ったら、
そーじゃなくて来る前に叱られたんだって

なんてこったい

理由は、宿題をやるときに、
毎日のように「めんどくさい」って言うから、
だそうです。どうせ最後はやるのに。

なるほど

毎日のことなので、今や口グセになってしまい、
お父さんに叱られたそうです。


ありゃーごめんね、ともなちゃん
お父さんに叱られたこと、
世界発信してしもーた

いっぱいがんばってピアノ弾いて、
集中してがんばって、
ともなちゃんはとても丁寧に弾きます。
繊細な音を出します。


さてレッスンが終わって、
それにしても、なんで?どーせやること、
めんどくさいとゆっちゃうんだろ?って
話になりました。

でもその気持ち、本当にわかります。

毎日のことだからこそ、めんどくさくなる。
共感~~~

でも、その毎日に、「めんどくさい」っていう
負のオーラ満載の(笑)言葉を使ってたら
どうだろ?
きっとイイコトは起こらないんじゃないのかな?
Happyなことも引き寄せられないんじゃないのかな?
って、お話になりました。

創世記?でしたっけ?
初めに言葉ありき、

神様はこの宇宙を作るとき、
心でいろいろと想われ、
言葉でいろいろとご指示をされ、
この宇宙や地球を作られたのだと。

わかりやすく言うと、
言葉にはその言霊の意味で
引き寄せられる力があるということ。

私はこれを高校一年生の現代国語の時間に
国語の先生から教えていただきました。
教科書にそんな内容が載っていた記憶があります。


なので、どんなにどんなに心の中で
「めんどくせ~」と思ってても
「やれるやれる。」とか、
「できるできる。」とか、
ポジティブな言葉を使おう!と。

心の中とは正反対でも。

そして、言葉の力で、
ホントにやれる、できる自分を
Get!しちゃおうじゃないかと。

なんでも最初は練習、トレーニングです。
そのうち出来るようになる。


そんなお話をしてるとき、
お父さんが大人系ステキな言葉を。

「充実してるっ

いいですねーこれ、
しんどくて、くっそーと思いながら、
充実してるって口ではゆっちゃう。
それを自分の耳が聞いてる。

あたしも今日からこれ使わせてもらおーっと
どんな状況でも言う「充実してる」
いいじゃんありがとうございます。
充実した毎日を作っていきたいです。

なのでみなさんも、
ポジティブなウソつきになりましょっ

FullSizeRender

お父さんといっしょに写真を・・ってゆったら、
少し恥ずかしそうに膝の上に座ったともなちゃん、
お父さんのこと大好きなんですね、


ちなみに、小学生の頃、
ともなちゃんのお父さんは夏休みもあと3日なのに、
まったく宿題をしてなくて、
お母さんにどえらい叱られたことはないしょです。

私も高校一年のとき、8月31日に家庭科の宿題を
まったくやってなくて、幼なじみと徹夜で仕上げたら、
9月1日始業式が台風による暴風雨でお休みになった、

っていう、運の良さ満点のお話もないしょです


みなさん、see you