この春から、
メロディアはソルフェージュ強化に
取り組んでいます。

ピアノレッスンもして、
リズム練習もして、のあとなので、
できるだけ時間を取るために、
しっかり練習してきてほしいと
思っています。

でも最近、つくづく思うのですが、
メロディアのレッスン生のみなさんは上手いです。

難しい曲をスラスラ弾くとか、
次々にどんな曲でも弾きこなすとか
そういうことではありません。

良い音、
良い響き、なめらかな流れ、
時には激しく、きらびやかに
素直に優しく・・など、

音のイメージをつかむのがうまい。
想いを上手に込められて
届ける技術とセンスを持っています。
それはピアノもボーカルも同じです。

感動します。

なので、発表会で多くのお客さんに
伝える、伝わるものが
大きいのだと思います。


ひとりひとりを本気で育てる!
これが私の最初にある
一本の長い線のはじまり。

音楽は繊細で優しく、
なおかつ激しく、厳しく、
常に私たちの前に存在し続けるけど、

難しいことなんて考えるのは
たまに、にしましょ

いっしょうけんめいやった先に、
うぇ~い!楽しかったぜぃ!
おもろかったぜぃ!

そんな一瞬の閃光が
ずっと長くつながって、
音楽が長い人生の、いろんなことのある人生の、
一本の、細くても幸せを運んでくれる
長い線になってくれることを願っています。

siyabonn145