うちの斜め前の建設工事が
どうやら始まったみたいです。

あーとうとう眺めが・・

視界0になりました。

ここに越して来たばかりの頃は
田んぼの中の一軒家的な感じで、
春にはレンゲ畑でくつろぎ、
遠くの山を見て視力を鍛え

雷の稲妻をリアルに見て、
虹はallキレイに見えて、
ザリガニをちくわで釣りまくり、
珍しいトンボもちょうちょも
飛びまくっていました。

高校生になると、
夏の夜は流れ星を一晩中見て過ごし、
冬はオリオン座を毎日見て冬を実感し、
花火も遠慮なくできたし
あ、そうそう、ここから小松島の
花火大会が見えたな


・・って、

変わっていくことを嘆いてばかりは
いけないですね。
自然の中はもちろん素敵です゚+.゚(´▽`人)゚+.゚

でも今は近くにコンビニ、
毎日今日はどこへ行こうか?と考えるほど
増えたスーパーマーケット、
なんとなく人がいる安心、
出会う人も増えました。

私は便利なものが大好きです。
だから、情報がダイレクトに受け取れる
都会が大好きです。
でも自然も懐かしくて恋しくて、
それを失うことをとても危惧してる自分がいます。

なんて矛盾してるんだろうと・・

きっと中途半端に田舎だったり
街中だったりが苦手なのかな~?

う~ん、、
いっそ誰か
ここに高層ビルの10軒でも建ててくれたら、
気合い入りそうだわ

P1120360


で、こんなおしゃべりをしたかったのではなく、
工事車両がたくさん入って来てるので、
みなさん、気をつけてお越しくださいね。
特に子どもたちは、門から出ないでね、

を、お伝えしたかったの。