最初から間違えないで弾きたいひーちゃん
そりゃなかなか無理と言うもんだけど
それだけ真剣なんです。
自発性が高いのです。
今までも何人か出会ってきました。

でも小学校に入り経験値が上がると、
なんでも最初から上手くはいかないけど、
練習したり勉強を重ねる中で、
いろんなことが上手くいくとわかってきます。
でもちゃんとやりたいという個性は消えないので、
どんどん伸びていくようになります。

そこまでをどう導くか?が鍵になります。
間違いたくない、でも難しそうと思ってしまうので、
なかなか弾こうとしません。

じゃあ、あとで
凹みつつ、気持ちの立て直しをしてるひーちゃん
やりたい、弾きたい気持ちはあるので、
少し時間をおきます。
弾きたいのに間違えることがこわいのと、
やる気が失せてるのとは違います。
ふだんからいっしょにいると、わかります。
その間にお兄ちゃんのレッスンを

↓それにしても大変な落ち込み様
P1110014

しばらくして声をかけると、ピアノの前に戻ってきました。
そして、がんばりまくりました。
P1110024

こんな時は、ちゃんとやりたい!の気持ちを大事にします。

まず、右手がスラスラ弾けるほどくり返します。
4小節なので、すぐに覚えてしまいます。
左手が入っても、右手の記憶がしっかり残るほど
弾きこみます。
左手も同じように練習します。
それからゆっくり両手で弾きます。

少しガイドの役目もしながら、指を次の鍵盤に
導いていきます。

はい!弾けました
それもノーミス。どんなもんだいっ
がんばりました。この笑顔
P1110022

その後、電子ピアノでヘッドホンをして復習してました。

えらいぞっひーちゃんっ
2歳からいっしょにやってるひーちゃんが、
もうすぐ6歳だもんね
大きくなったね・・
がんばれっひーちゃんっ