少しずつHANONを始める子どもたちが
増えてきました。
大人のレッスンの方は、みんなされています。

指の体操のHANON練習は、例えて言うなら
プールに飛び込む前に準備運動をするようなものだと
いつもお話しています。

音の粒をそろえる、
一本ずつの指が独立して速く動くようになる、
力強い音を出す、
姿勢や指の形を整える、、などなど、
HANONにはいくつかの目的があって、
音階だけではなく分散和音やオクターブなど、
順を追って様々な練習ができるようになっています。

最初はへ音記号も入ってくるし、難しいパターンの
音階練習が続きますが、この音階練習を
早くクリアする方法をお伝えします。

だいたい、楽譜をゆっくり読みながら片手ずつ、
もしくは両手で一通り弾く、を繰り返していると思います。
でもそれより、最初の一小節だけをくり返しくり返し弾いて、
それから徐々に上がっていきます。
こうすることで、パターンが早く覚えられます。

降りは、上りに比べて弾きづらいので、
もっとよく練習します。

一生弾き続ける運指のための教則本HANON。

みんな、がんばってねっ

無題

HANON