自分がどのくらいのレベルで1曲を弾き終わったのか、
冷静に自己評価できるようになると、
グ~ンと伸びてきます。

子どもたちは、
間違えなければ〇だと、ほとんどの子が最初は思っています。
速さかまちまちになる、
なんとなく丁寧さに欠ける、
キレイな音で弾けていない、
強弱がついていない、
楽譜記号の通りに弾けていない、
などは自分ではわかりにくく、

「できた」「弾けた」「100てん」などの甘めの評価になり、
もう一回宿題になります

「ここどうだったのかなあ~?」と言いながら
楽譜を指さしたり、
「じゅんこ先生には、こんな風に聞こえたよ。」
とかってマネをして弾いてみると、
しばらく考えて
もう一回おうちでやってくる。」と言ったり、
どお~しても、レッスン中に合格したい気合いで来てる日は
もう一度トライする意欲をみせてくれます。

よく練習をしてくる子、だいぶ進んで来た子は、
自分の演奏が客観的に聞けるようになってきます。

いつもいつも私からの一方的な評価ばかりでなく、
自分の練習量を知り、自分を評価できる耳を
育てて行きたいと思っています。
lgi01a201407130300