P1100613

わからないことを知ることができる本に出会えることは
とても素晴らしいことです。

私はこの番組を見逃してしまったのですが、
たまたま見ていたデザイナーさんが、
本も出てるよ、と紹介してくれました。

作者の東田直樹くん。
とても大きな使命のある子なんだな、って思います。

ただ私は、いつも、どんな本を読んでも、
理解をする手がかりと参考にはしますが、
100%活用はしません。
というか、できません。

それは、現場は動いているからです。
OH!(かっけーっ)(笑)
あはは。でも、、そうでしょ?
一人ひとり違うでしょ?

いちばん大切なことは、その子に合うこと。

そしてその子の伸びる芽を信じること。
それができるであろうと、自分を信じること。
でも謙虚であること。

発生したアクシデントは、自分に原因を置き換えること。

いつまでも、ひとつのやり方に執着せず、
常に工夫を凝らし、でも目的達成のためには
しつこいこと。(笑)

信じること、信じること、そしてやり続けること。

多くの意見に耳を貸すこと。
良いと思われることは素直に取り入れること。
こだわりすぎないこと。
でも、こだわること。

≧(´▽`)≦アハハハ

この辺のバランスが、絶妙な先生を目指しています。

先生が、良くないイメージの、
あたしは、オレは、エライ系の先生になってしまったらダメだと思う。
子どもに素直に・・と言う前に、自分の頭も心も柔軟で
あることが大切だと思う。
そして、どえらい頑固なわけよ(笑)

ありゃまー
今日の私の言いたいこと伝わってる?
文章力、ゼロじゃん


アプローチ方法はちがっても、
障害のある、なし、大人、子ども、ぜーんぜん
関係ありません。
みんなへの根っこの想いは同じなのです