何かのイベントのために、短期でレッスンを
お引き受けすることがあります。

音楽療法士のピアノ実技試験、
結婚式でのサプライズでピアノ演奏をプレゼントしたい、
この曲に伴奏をつけてください、アレンジしてください、・・
など、理由はさまざま。

今回も、イベントでジャズを弾かれることになり、
2曲をひと月半くらいで仕上げる方のレッスンを
お引き受けしています。

古い生徒さんのお母さんからのご紹介です。
私を思い出してくださって、「先生なら」と勧めてくださって、
本当にありがたく、身の引き締まる思いです。


私はJazzPianoを本格的にやったわけではありませんが、
JazzPianoは大好きで、今もほとんど毎日弾いています。
こんな時は、いろんなジャンルに挑戦してて良かったな、
って思います。
特にJazzは、私の得意な即興演奏の分野なので、
楽譜があって、ないようなものです。
なんちゃってJazz!ですね。

P1100254

楽譜は簡単ですが、
このまま弾いてもジャズには聴こえません。

アクセントの位置、メロディフェイク(メロディを自分なりに
くずして弾くこと)、ウォーキングベース、
音数を楽譜より少し増やすこと、などに気をつければ、
なんてことない簡単な曲が、ちょっとカッコいいジャズに
生まれ変わります。

Let's play the piano.

って感じ

う~ん...意味わかんない
(´▽`*)アハハ