オーディトリー感覚派

音楽家や通訳などに多いタイプ

さあ!視覚派の次は聴覚派。

ac08-03

聴いて暗譜するのが得意

歌詞よりメロディーを先に覚える

コードだけを見てアドリブや即興アレンジをすることが得意

聴音大好き得意

複雑な楽譜は苦手



一般的な特徴としては

音読の繰り返しなどで覚える

普段の会話で、「パッ!と明かりがついて」などの擬音語をよく使う

独り言や鼻歌が多い

方言や外国語をすぐにマスターできる

人が言ったことをよく覚えている



CDや模範演奏を繰り返し聴く

レッスン時の録音など、録音機材を使う

右手、左手を別々に聴いて覚える

メロディー、モチーフなどは声に出して歌いながら説明する。

曲の情景も、擬音語を多用して教える、もしくは覚える

雑音のない静かな環境を作る

朝の支度時や休憩中に音を流すだけでも効果的



このタイプの人は、耳から聴いたことは長期に渡って記憶できますが、
目からの記憶は短期間しか残りません。

できるだけ、雑音のない環境で物事に取り組むといいのですね。