ヴィジュアル感覚派(Visual Tipe)

視覚を使って記憶をすることを得意とするタイプ。
映画監督/デザイナーなどのクリエーターに多いタイプ。

movier1-0
レッスンでの特徴

初見は比較的得意。
楽譜を思い浮かべながら暗譜する。

目をつぶると楽譜が思い浮かぶ。

先生の指の形、演奏法などを真似して弾ける。

曲のイメージを写真を見ているようにとらえるのが得意。

演奏者の外見が印象に残る。


一般的な特徴

スマートでクールな印象

きちんとした身なりが好き、整理整頓も得意。

人が気づかない色、形、外観のちょっとした違いがわかる。

視線は上向き、見たものを実況中継のように早口で話す。



レッスンや練習での取り組み方

楽譜に「絵や図」を書いてそのまま画像として暗譜する。

先生の演奏を手の形などを映像化して覚える。

構成は色分けする。

フレーズやダイナミクス(強弱)などは、情景のどの部分か?
具体的に浮かぶようにする。

通勤、通学の途中に譜面を眺めるだけでも効果的。




このタイプの人は、映像化(視覚)から捉えることが
近道みたいですね。
子どもにも、自分にも、タイプを知って対応できると、
覚える苦労が半減できていいと思います。

やり方はひとつではないので、
自分に合う方法を見つけて、効果的な練習をしましょうね。