ひなちゃんが来てくれるようになって、
約3ヶ月が過ぎました。
なんか、あっという間に過ぎた感じです。

ピアノはだいぶ弾けていたのですが、
なにぶん、どこまでわかっていて、どこからが
わかってないのか・・わかりにくいわかりにくい
スラスラっとトルコ行進曲を弾いたりするのですが、
途中でストップ。でも指はとても速く動きます。

音感が良くて、伴奏付けも和音の押さえ方も
すぐに習得してしまいます。
でもこのままじゃ、ちゃんとした曲を一曲丸ごとは
弾けるようにはならないだろな。
そんなことも感じて、楽譜が読めてるのか読めてないのか・・?
わからなくて、それを探ることからスタートしました。

P1080916

ず~っと歌っています。
そして急に何かになりきって(突然シンデレラとか)
セリフがポン!と飛び出します。
目が合いにくかったりします。
わからないことに出くわすと、大体は
「わからない。」「できない。」などと口にしますが、
急に歌になります。
同じ歌を繰り返し歌ったりします。

今のお気に入りが、私の作った
「He is in your heart」っていう曲です。
この歌を歌うときは超ご機嫌
しっかり覚えて「じゅんこせんせい」って
私の名前も呼んでくれます。
Lalala~歌ってってお願いもしてくれます。

P1080911

P1080903

この曲作っててよかったな~って思います。
ひなちゃんと私をつなぐ、今、いちばん太いパイプです。
いつしか、レッスンをがんばったあとのご褒美の歌に
なっています。

この日は歌を歌ってうれしかったのか、
私のそばに来て、たくさん笑顔を見せてくれました。

P1080927

パソコンを使った作曲ソフトにも取り組んでいます。
今は使い方を覚えるため、好きな曲を打ち込んでる
最中ですが、近い将来、自分で作った簡単なメロディに
伴奏をつけて、曲に仕上げていくことを教えてあげたいと思い、
これに取り組んでいます。

P1090147

これはこの日のレッスンメニュー

メロディアに来てくれる発達障害の子どもたちは、
今さら言うのもなんだけど、ピアノを弾く!が目的です。

なので、このやっかいで、なおかつ楽しくて面白くて
やめられないお稽古を彼らが継続し目的に到達するためには、
何が丸で、何がバツか、覚える必要があります。
教えていく必要があります。

自分の想いを歌で表現できるなんて、なんて素晴らしい!
と、学校の先生や施設の先生は言うかもしれない。
何かの本に書いてるかもしれない。
でも、それは時と場合によります。
「曲を作る作業」をしている時、「歌って」と言われたとき、
なら、それは正解!

でも、歌ってはいけない場面、歌うことがおかしい場面で
歌うのは、素晴らしいことでも何でもありません。
おかしい。
反応の仕方がおかしい時は、教えなくてはいけないと
私は思っています。
じゃないと、ピアノなんてなかなか前に進まない。

自閉症だから仕方ない・・では、何もできない。
周囲に「しょうがないよね~」って思われてそのまま
終わってしまいます。

ひなちゃんを始め、うちに来ている自閉症と診断された子どもは、
みんな素晴らしい才能を秘めています。
そこを引き出し、お母さんの希望に添うこと、
いつも指導者が彼らに期待を持ち、表も裏もなく接すること、
自分のそのままの気持ちを自分で客観的に分析し、
できる限り平易な言葉で彼らに伝えること、
ゆっくり順じゅんにゆってきかせること、
今、どんなことをアプローチすることがベストなのか
常にタイミングを見計らうこと、
いつまでも同じやり方に固執しないこと、、

などなど、数え上げればきりがありません。

でも、一個だけ言えること。
発達障害や定型発達に関わらず、
心が敏感な子どもたちには心からの想いを伝えること、
これがいちばん大切だと思っています。

嘘やごまかしはきかないんですね~

いつも真剣勝負です。


じゃね、ひなちゃん、また来年