うれしいことも楽しいことも、
毎日たくさん起きてる私ですが、

て言うか、あれっ?ってことがあっても、
「ラッキー私に悪いことは起こらない。
これは良い方向へ向かう前ぶれだー
と呪文のように思うことにしてるので、
「あちゃー」的な出来事も、
「マジ」なことも、
「ウソだろ・・

も、イイコトに変身してくれるのです。

ま、たまに、
「くっそお~負けるもんかっ
ちゅーて思うこともありますが、
それもプラスのエネルギー
今に見てろ!と、密かに思ってればいいのです。


なもんだから、ホントにストレートにうれしい時はハンパない

先日、次男と久しぶりに出かけました。
彼も就職してほとんど休みがなく、連休などは全くなく、
ストレスのせいかここ数ヶ月、身体中に湿疹が出て血が出て・・
みたいなこともあって心配してましたがどうにか乗り切り、
遅刻も欠勤もなく、毎日遅くまで一生懸命働いています。

私の買い物につきあってくれたのですが、
途中ランチをしました。

何食べるー?
何でもいいよー
と言いながらトマオニに行きました。

当然、親の私が払うものだと思って
300円違いのサーロインにするかヒレにするか
迷ってる私に、「ボクがおごろか。」って。
「やわらかいヒレにしたら?」って。

子どもからもらえるもんなら道端の石ころでもうれしいアタシ

小さな時はお手紙くれたり、トイレットペーパーの芯で
ワケわかんない工作してプレゼントしてくれたり、
バイト始めたときには小さなケーキを買って来てくれたり。。
どこかへ行くと必ずママにお土産を買ってきてくれてました。

でも、お店でごちそうしてもらったのは初めて。

キャーうれしいっっ
っていう大喜びのうれしいもあるけれど、
なんだかじんわりホンワリしみてくるうれしさ
ちょびっと涙も出そうになるようなうれしさ

大きくなったんだな~
大人になったんだな~
私の役目もほぼ終わりつつあるんだな~
老後は頼んだよ~


高い熱を出した時、アレルギーで心配しまくったこと、
東京から徳島へ帰って来たときのこと、寂しい思いもいっぱいさせたこと、
勉強のこと、学校でのこと、友達関係で悩んだこと、受験、就職・・


親として、子どものことを心配したり動いたり、
「アナタのためよ。」は当たりまえだと思ってきたけれど、
子どもは子どもなりにお母さんを喜ばそうと努力してたんだ。
小さいときから・・ずっと。
気づかなくて、気づけなくて、
自分の忙しさで気づいてやれなくて・・

今ごろわかる。
熱くて、よー笑うだけがとりえの、こんな母ちゃんでゴメンなあ~

ありがとうだ。やっぱり。それっきゃない。


image1

久々のファミレスランチ。

どこのお店行っても味わえないよ