ここのところ、発表会の曲決めやアレンジ、
新しいコースの設置の準備などで、忙しいのですが
毎日がとても充実しています。

企画は大好きです

メロディアとして、今回はどんなことを伝えていくのか?
みんなが楽しんで取り組める曲を選び、
何度も何度も練習することで、自分の身体の奥深くにまで
その曲をしみ込ませることのできる発表会。

1曲をこんなに長いこと弾き込む事は、あまりない良い機会です。
弾きこめば弾きこむほど新しい発見があります。
どうかしっかり自分のものにしてくださいね

おじいちゃんやおばあちゃん、お友だち、園の先生、・・きっとまた
いろんな方が見に来てくださることでしょう。
喜んで、楽しんでいただけることが一番!

小さな子どもたちから大人のみなさんまでのピアノ演奏、歌、作曲、
発達障害の子どもたち、み~んなみ~んながんばって、
力を合わせて4ヵ月後の本番を迎えたいと思います。
(え?もう4ヶ月しかないん?
巻きでがんばりましょうねっ

どうかみなさん、ご協力よろしくお願い致します。m(_ _)m

楽しみだな~



2014年3月2日
君に贈るメロディー準備風景
DSC_1776

発表会は、誰にとっても多くのチャンスがたくさんあります。

子どもたちには、技術の向上だけでなく、
自主性や積極性、判断力、マナー、協調性、集中力・・などなど、
数え上げればキリがないくらいの力を身につけてもらえるチャンスです

学校や園の行事は、練習から親が深く関わることはできませんが、
メロディアの発表会は違います。
企画、練習、準備から本番まで、お父さんやお母さんや私が、
子どもたちと共に歩いて行かれる最高の時間。
どうかこの機会を逃すことなく、しっかりつかんでくださいね。

いろんな大切なこと、たくさん教えてあげてください。
私もがんばります

大人のみなさんも、ふだんの生活や仕事では味わえない
非日常を体験していただくことで、もっともっと音楽や人生の
豊かさや喜びを得て、生きる幅を広げていってほしいと願っています


実は発表会ってゆった方が簡単なので、ついゆっちゃうんだけど、
ピアノ、作曲、歌、年齢の幅広さ・・・
発達障害のお友だちを支えたり、小さな子の手を取ったり・・
そんな風にお互いがお互いを支えあって協力し合って作り上げていく
バラエティに富んでるメロディアの発表会は、
やっぱり

Melodia コラボレーションライブ

なんですよね。

お客さんと、お互いの心のやりとりをしながら、
みんなのガンバル姿を伝えてほしいと願っています

その名前にふさわしい、心温まるものを創りたい。

どーかどーかよろしくお願い致します

DSC_1917


ではまたみなさん、レッスンで


junko