子どもたち向けに、数ヶ月前から始めてる
レッスンノートの「じぶん」のとこ。

レッスンや練習をしていて楽しかったこと、うれしかったこと、
難しかったこと、どんなきもち?この曲どうしたい?
・・・いろいろ書いてね、ってお約束しています。
これは曲の分析とは別に、自分自身の気持ちの
分析力をつけてほしいというのが狙いです。

なんで?どうして?どんな風?って聞かれると、
大人でもとても答えにくいものです。

P1060760

『頭のいい子を育てたい』もちろんこれが目的のひとつですが、
それはただ毎回テストで100点が取れるということではなく、
(それはそれで親としては文句なくうれしい
でも、ここで言うのはもっと壮大な、
生きていく上で必要なスキルという意味です。

子どもたちが将来どの方向に天賦を見出し、伸びていくかは
まだまだわかりませんが、どの子も「幸せに生きるためのスキル」を
身につけられるレッスンをしたいと、私に何が出来るかいろいろ考えています。


ピアノは「音楽性」「テクニック」「表現力」を身につけることが
できます。と言うのはみなさんもよく耳にする言葉です。

でもさらにその上に、
通常レッスンや発表会、グループレッスンなどを通して、
「マナー」「感受性」「想像力」「創造力」「判断力」「コミュニケーション力」
「分析力」「行動力」「責任感」「自主性」など、
多くのことを身につけることができるのがピアノのレッスンだと私は考えています。

ピアノレッスンは、ひとりひとりの個性に合わせ、
その子のペースで学んでいくことができます。


もちろん!
テクニックを伝え、表現のための理論だけ伝えていくことだけでも、
とりあえず弾くことはできるようになります。

でも、縁があって出会えた子どもたちには、
この素晴らしくも深く、
なかなか思い通りになってくれないやっかいな楽器を通して、
多くのことを身につけていってほしい。
一緒に過ごす時間を、フルに活用してほしい。

そしてもちろん私も大人のみなさんも、永遠に学習し、成長し続ける心で
いっしょに過ごしていきたいと願っています。


なので、いろんな良いと思われるサポートをしていきたいと思っています。
ひとりひとりの生徒さんに、私自身が常に目的意識を持ち続けて接することで、
良い方向へ導きたいと願っています。

先生だから、って、エライわけでも全部わかってるわけでもありません。
ただ長い経験と、この立場から見てきた多くのレッスン生のみなさんの将来、
そして、この仕事を通して勉強や研究をして得た、音楽に特化したスキルが、
メロディアのみんなの役に立つこと。みんなに還元し、伝えること。
レッスンを振り返り、反省し、次へつなげ、何がその子に必要かを考えること。
そして私も、みんなに追い越されないようにガンバル!

ぼんやりなどしてるヒマはありません。


不十分なことやうまくいかないこともたくさんありますが、
その時はどーかお許しいただいて
この秋からもメロディアみ~んなで成長していきましょう
がんばります!

P1060756

今週のお花はミニバラ。
ささやかですが心が華やぎます





メロディアは徳島県徳島市で
子どもから大人までのピアノレッスン・作詞作曲レッスン
発達障害児のためのピアノレッスンをしています。

∮メロディアホームページ
http://www.melodia-web.com

∮メロディアメールアドレス
melodia@krc.biglobe.ne.jp

川原 潤子フェイスブック
https://www.facebook.com