発達障害の子どもたちのためのレッスンもしているので
ときどき障害のある子どもさんのお母さんから
お問い合わせのお電話をいただきます。

たくさんの心配や不安を抱えてらして、だいぶ長い時間ご検討されたり
迷われたりして、お電話をくださったご様子が電話口から伝わってきます。

そしてほとんどのお母さんが、いろんなお話をして、しばらくしてから

自閉の疑いがあると言われたのですが・・・
多動なのですが・・・
発語がほとんどないのですが・・・
・・・
大丈夫ですか?見ていただけますか?
と、とても申し訳なさそうにお尋ねになられます。

遠慮はいらないです。
大丈夫!大丈夫!大丈夫です。
それをどうにかするのが私の役目です。

「うちの子に何をしていただけますか?」
どうか、そんな風に聞いてくださいね。

リズム・歌・ピアノ①

産み育てるというだけでも、いろんな心配やご苦労があるのに、
ましてや障害がある、、という診断をくだされることは
どんなに辛いかと思います。

でもそれが今、現実なら仕方のないことです。
それまでに済んだこと、起こってしまったことをいくら悔やんでみても
どうにもならないことです。
なぜ?と問い続けたり、自分自身を責めないでくださいね。

大切なのは今、そしてこれから。子どもたちの未来。
きっとそこにはたくさん、ご両親が学べることがあるのかもしれません。
その子を通して、何か大切なことを教えてもらえる機会に恵まれたのかもしれません。
過去から何かを学んだら、あとはきっぱり捨てちゃいましょ
難しいかもしれないけど、次へ行きましょう!次へ

自信を持って、うちの子です!って連れて来てくださいね。
私は多くのことはできませんが、ご両親や子どもたちと
いっしょに歩いて行かれたら・・と願っています。

03000f1e

大丈夫!
必ずどうにかなります。
ご両親が良いと思って真剣に取り組まれたことは、
必ず全てが良い形で返ってきます。

世の中にはたくさんのメソッドがありますが、マニュアル通りにいかないのが
子育てです。思いがけない方向に行くことなんてよくあることです。
そして、思いがけない素晴らしい方向に行くことがあるのも子育てです

私も、上手くいく日もあれば上手くいかない日もあります。
ことごとく、立てていたプランが没になることもあります。
気持ちが沈んで落ち込むこともあります。
でも、なぜダメだったんだろう?を考えたら、次の方法を考えます。
どんなに素晴らしいマニュアルも、
その子に合うものでないと意味がないからです。
リズム・歌・ピアノ②

でも、お母さん方は最後にみなさん、同じことを口にされます。
「先生、でもうちの子、音楽が大好きなんです。

ねぇ、いいですね~

音楽が大好きな子は、ね大丈夫です!