フィリピン在住の森川さんからメールをいただきました。

森川さんはアクトIIIという、捨てられたり、事情があって自宅で育てられない赤ちゃんを
預かっている施設で、ご飯やミルクをあげたり、一緒に遊んだりする
ボランティアをされています。
NB (New Beginnings) という性的暴行を受けた少女達の保護施設でも、
ボランティアの方々が企画したクラフト、ゲーム、料理などを一緒に楽しんでいらっしゃいます。

そして、そこで年に一回、ゴスペルコンサートが開かれています。
毎年、子どもたちも先生方も皆、心待ちにしているそうです。
20051212










1年ほど前に、Spiritualsのオリジナル曲「He is in your heart」を
お聴きくださって、施設で暮らす子供達に聴かせたい。
そして、一緒に英語で、日本語で歌えたらどんなに素敵かしらと・・
そんなわくわくするご提案をいただいていました。


メールは、それが実現した!というお知らせでした。

すっご~~~いっ!
         \(^ o ^)/

ありがとうございます森川さん、
ボランティアのみなさん。そして子どもたち。
すぴちゅは鳥肌が立ちました。

森川さんから届いたメールを、そのままご紹介させていただきます。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

さて、私達アクトIIIの活動で、「He Is In Your Heart」の練習が今日から始まりました。
昨年の11月から潤子さんにご連絡し、ご許可をいただいてからですので、
長い時間を経てやっとここまでこぎつけたという感じで本当に感無量でした。
私の一つの夢が叶った瞬間です。

それに加え、担当のメンバーが分かりやすい歌詞カードを作ってくれ
手元の歌詞カードの裏面には、歌詞の意味も書かれていて
一時間という短い時間内で、
無駄なく練習を進めてくれました。
フィリピン人、生来の音に対するのりの良さと
何語であれ、歌いこなしてしまう才能に脱帽でした。

毎月、その月の担当者によって書かれる
活動報告からの抜粋も付け加えさせていただきます。

6月25日のNBでは、日本語の歌を歌うという活動をしました。
 その歌は、『He is in your heart』です。
 初めての練習を行なったところ、さすがフィリピン人
 3回程、曲を聴いただけで、すぐに歌う事ができてビックリ........
 予感はしていましたが、これ程までとは。
 親しみやすいメロディーではありましたが、女の子たちの芸術面の能力の高さには、
 毎回ながら驚かされます。
 活動の中で、歌詞の意味を知らせていくと、さらに表現力豊かに
 心をこめて歌う姿が見られ、こちらも思わず笑顔になりました。
 帰る頃には、もう、あちらこちらで、彼女達の歌声が聞こえてきました。
 あまりにも、ノリノリで楽しそうだったので、ダンスを考えてもらうように
 リクエストしちゃいました!!
 次回の練習日が楽しみでなりません。

以前、お伝えしましたようにこの施設での写真は厳禁ですが、どうしても歌声をお届けしたく
本当にお恥ずかしい映像と音質なのですが、お送りします。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

フィリピンの施設で暮らす子どもたちの歌声を聴いてくださいね。

あ、そう言えば話がそれますが、この曲を聴かせると、
グズってる子どもが泣き止むと私の周りで評判に
ホントかな~ 

キューピーマヨネーズのた~らこ~
ピアノ売ってちょーだいっじゃん。


そしてっ7月21日(日)、Spiritualsのライブでも
この歌をみなさんと一緒に歌います Lalalaのコーラスやりますよ~

フィリピンの子どもたちに負けないように、お~もいっきり楽しんで歌いたいと思います

森川さん、ライブの応援メッセージもありがとうございました。
それから夢の実現、おめでとうございます。

先生方や女の子たちに、Spiritualsからいっぱいよろしくお伝えください。