「ピアノが習い事にいい」と言われる本当の理由

「ホンマでっか!?TV」に出演されている脳科学者の澤口俊之先生が、
「1番習い事としていいのはピアノです。指を動かす、先を読む、暗記する。
全て脳の働きを高める。ピアノを習っている子は頭がいい。
さらに、ピアノを習うとキレにくくなる」

また、アインシュタイン・ファクターという本の中では、
「初見で楽譜を読む訓練や絶対音感がつく訓練によって、
IQ が永続的に10ポイント上げられる」と書かれています。

ピアノを弾く過程分解図


ピアノを演奏するということは、
① 楽譜を目で見て
② 脳がその情報を理解して身体各部に指令を出し
③ 指をコントロールしてピアノを弾き
④ イメージどおりの音になっているか耳で確かめつつ、目は次の音符を追いかける

この4つの動作の流れを瞬間的に連続して行っています。


ピアノを弾くと、頭がよくなると言われているその理由は・・・。

脳トレーニングなんです。

ピアノが上手な子の脳はワーキングメモリーと呼ばれている能力が発達し、
演奏時に両手をコントロールするので、脳全体が活性化するそうです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

・・・・・みたいな。↑ (コピってきました)

ピアノレッスンの紹介や、何かの説みたいなのでよく見かけます。

これ、ホンマでっか!?


小さい子ども達とレッスンをしていると、ピアノは特殊な習い事だな~って
思うことがよくあります。そういう意味では効果があるのかもしれません。

でも効果は、いっしょうけんめい練習したあとからついてくるもの。

ある程度自在にピアノが弾けるようになるためには
毎日の練習が必要です。コツコツ続ける根気と時間が必要です。
thumb5












いっしょうけんめいやってて、フト気がついたら
あんなこともこんなこともできるようになってた。
それが効果ですね、きっと

毎日は小さな点でも、毎日毎日がず~っと続くと
長い長い自分だけのラインになる。

わぉ かっこいいぞっ


どうか自分だけのオリジナルラインを
未来へ向けてい~っぱいひいてくださいね。



ちなみにわたし、すぐ忘れる。よく忘れる。
で、なかなか覚えらんない。

(ヤバイやん)わはは。